2017年7月21日金曜日

この身北の原野に朽ちるとも―十勝野開拓の祖・依田勉三物語 単行本


依田 勉三は日本の北海道開拓者。北海道開墾を目的として結成された「晩成社」を率いて十勝を開拓した。: 1853年6月21日 伊豆国生まれ: 1925年12月12日死亡。
単行本: 613ページ
出版社: 日本文学館 (2012/12)

その至誠の志しには如何にしてつくられたか! 高学歴の者が農こそ国を富ますとの志しは如何なる社会的背景があったんか。
背景の資料が裏付け合ったフィクション・ノンフィクション(ストーリー)を支えてくれ、一気に読める。

帯広のトンドンや六花亭と晩成社と言ったことも知った。
岳友yosiokaが♯♭依田勉三の詩を諳んじていたのも驚きだった。

2017年5月3日水曜日

酒谷山:山ほほ笑む季節

2017年5月3日酒谷山へ行ってきました。

冬、山スキーで登った山です。「山 ほほ笑む」季節に初めて訪れました。山ほほ笑むとは、チロチロと開葉早い木の葉が開き始める頃の広葉樹林の山容を言いたいと思う。

全道的にピッカリ晴れて初夏の温かさの中を出かけました。行楽の車が行き交い、農作業繁忙期の中を通り過ぎる。そんな行為の山登る私の姿に何故か違和感を覚えます。これは一体何故でしょうか!

2017/5/3 山ほほ笑む頃の酒谷山 ルート図
*農道終点に駐車しました。(車寄せのspaceがほぼ2台分ありますが何せ牧場への用件以外の乗り入れ原則ダメ)。

*駐車地点から牧場を森林の方向(南南西へ)にほぼ直進しました。

*牧場からの広がる展望は目を見張るものがあります。八雲平野、噴火湾、胆振の国、後志の国等。

の箇所にトドマツ孤立木が目立ちます。ここのササを押し分けると作業路跡(北電の作業路跡?)が見つかります。

→印の作業路に沿って送電線下の酒谷山直下まで地形そって徐々に高度を上げました。

*途中、標高400mを越えるあたりで、気付き難いけれど、作業路を横断する林野庁管理の境界(国・民界)管理歩道があります。

*頂上直下が草地の鉄塔広場になっています(ころあいの山座同定の広場で、長く滞在しても山座同定に興味尽きません)。

*鉄塔下の草地と森林(山頂への傾斜変換のコンター430)の界に良く管理された歩道(奥津内川と酒屋川を結ぶ)がありました。

*時を過ごした山座同定→雄鉾岳、遊楽部岳・臼別頭・白水岳・冷水岳の熊石アルプス、狩場山・カスペ岳・メップ岳・カニカン岳・点名利別Ⅱの桧山と後志界、長万部岳、黒松内岳、弁慶岬・雷電岳からニセコアンヌプリ~羊蹄山・後志岳の火山群、
*南に狗神岳等の濁川カルデラの山々、駒ヶ岳等などでした。 詳細は⇒こちら

2017年4月30日日曜日

貧乏山:ダウンバーストの山

2017/04/30 苅澗川から貧乏山に行ってきた。

2017年4月23日日曜日

茂刈山:歴史ある集落の里山

2017年4月23日:茂刈山へ行ってきた。
三角点も図根点もササに覆われていた。 2015年4月26日訪れた時は容易の見つかった。この度はチョットの探索ではやや見つけ難かった。
.
これからは標石の探索はますます困難になるのではないか。基岩が浅く現れ、風衝地のようで、さらに基岩は風化しにくいチャートだから土地生産力はかなり低いが、時間の経過とともにササの密度はもっと高くなるであろう。

地理院の基準点成果を閲覧すると、今回は基準点「茂刈」は処置保留となっていた。一昨年は基準点成果の経緯度欄はしっかり記載されていたが、今回の閲覧時は、経緯度欄は空欄になっていた。経緯度が分からなければ標石の探索はますます困難になる。

そのためもあり、2015年時の地理院提供:成果閲覧で得た経緯度をここに記載しておく。
【三角点】・「点名 茂刈」種別等級 「小等三角点」 冠字選点番号 「栄4」 地形図 函館-上ノ国 緯度 41°47′20.8322経度 140°10′27.1972標高 382.61 m(X) -245580.85 m(Y) -6298.368 m現況報告なし 所在地 北海道桧山郡上ノ国町大字上ノ国AY00043s J1UpXp 

・<小等三角点の解説は→【五等三角点のほか、三角点と名前のつく変わりものの測量標石では小三角点があります.1911年(明治44)北海道庁から陸地測量部に要請があり設置された基準点で渡島半島南部(函館の西)に30数点ありました.現在もまだ数点残存しており国土地理院のデータベースでは「小等三角点」として整理されています(上西 勝也)】> 

・<なお、地形図上の表示は、小等三角点の位置に三角点「△」の表示はない.現地測量による標高点「・382.6」として表示されていた.→さらに、小等三角点「茂刈」から距離474m 方向333.70°に、同名の四等三角点「茂刈」冠字選点番号 「長16」がS31.08.10に設置されていた>

・<小等三角点に並列して林野庁が設置した「山」と刻まれた図根点「12」があった.図根点の一般的説明は→【図根点は「図等三角点」ともいわれ周囲の三角点から観測し実際の三角点上では観測しないという前方交会法により位置を決定したものです.これは無線鉄塔などで構築物上で測量することができない場合につかわれますが精度は低くなります.本来、図根点は三角測量のあとの細部の測量につかい標石の埋設はせず、その位置が測量によりはっきりすると、すぐ測板上の図面に移してしまいます.標石として設置されるのは重要な場所や再現が必要な場所に限られます.図根点標石の設置は1940年、50年代が多かったのですが現在はありません(上西 勝也)】>

 標石の様子 2015年4月26日
 ・ 2015年4月26日小頭三角点
・白色の矢印が2015年4月26日図根点

2017年4月21日金曜日

「ほっかいどう山楽紀行」:山々は同格

[坂口一弘さん「ほっかいどう山楽紀行」出版祝賀会@函館地区]が開催されました。
*道南に住む者にとり朗報! 「高い山に、名山に恵まれた地域でもなく、箱庭のごとし渡島半島の山々」とも言われる地域に住む著者の【私の山の登り方】のオリジナリティに驚かされ感服してしまいます。他に類の無い山への接し方を発見できます。
 無名の山も良く知られた山も、同格に紀行された本がうれしい。「子ども心いつまでも」を大切にする生き方が「ほっかいどう山紀行」に顕われ出たのであろうか。ここにあらたなオリジナルティな山本を発見できます。

以下は、新刊書広報の著者サイトhttp://sakag.web.fc2.com/sangakukikou-panf.htmを改変転載!
4月20日発刊・好評発売中~直接注文大歓迎!
 北海道新聞(札幌圏版)に2012年6月~2017年2月の約5年間、115回連載されたエッセイほかを530点の写真で再構成。
 道内の主要な山を網羅する139山の特色・魅力・歴史などを著者が複数回登った時のエピソードを中心に綴っています。
 A5版、横書き、オールカラー、288ページ、定価(本体価格1800円+消費税)、共同文化社発行


 道内主要書店、amazonでも購入できますが、著者への直接注文大歓迎!Eメール sakag888★gmail.com
 道内の主要な山を網羅する139山の特色・魅力・歴史などを著者が複数回登った時のエピソードを中心に綴っています。

①送付先(住所) ②氏名 ③電話番号 ④冊数を記入の上、お申し込みください
お申し込みいただいた方には、本体価格のみにて、著者直筆サイン入りで、振替用紙(手数料無料)同封の上、送付いたします。
………………
[坂口一弘さん「ほっかいどう山楽紀行」出版祝賀会@函館地区]が開催されました。
幹事さんからの案内は以下でした。 1. 日時  2017/04/21(金) 19:00開宴 >>>2時間程度 参加30名予定・幹事(myuさん、wajiさん)**参加締め切り4/13(水)** 2. 会場 炭焼やき鳥・海鮮居酒屋 二鳥目本店 3. 会費  飲み放題¥5000位(割勘調整) 4.参席希望・問い合わせ 鎌鹿までメールかtel(留守電)で御願いします。 以上

2017年4月10日月曜日

伊勢鉢山:子午線標(当別丸山)

 道道の茂辺地~館線の冬季通行止のゲートが戸田の沢分岐に設置されていた。以前からの通行止めゲートは、さらに3㎞奥の西俣に入った場所だったから、度肝を抜かれた。リーダーは地獄、メンバは天国(?)。

計画通りとすれば、舗装路を一時間のアルバイトをしなければならない。行くべきか行かざるべきか意見が分かれた。常套句の「舗装路を歩くのは辛い」の一言で、やはり楽な方に流れ、代わりの案が出された。「計画の中止は良いけれど、計画外の行動は事故につながること多し」…栃木県の高校生が雪崩遭難にあい死亡事故を起こした事柄への専門家の論調。

戸田沢の下流にある当別丸山の天測点の「子午線標」を探索し、大釜谷の伊勢鉢山に向かう計画外の箇所が代替え案になった。提案したのはTAKAHASHI自身でしたが。

*子午線標訪問の記録・・・
◆当別丸山一等三角点(地理院基準点成果)
東経140.55011633°(140°33′004”) 北緯  41.7454°

◆子午線標(茂辺地川左岸)(HMC:スマホGPS読取り)
東経140.5501°(140.33’003”) 北緯 41.8002°

◆当別丸山の天測点の経・緯度は調べていないから、それと対比できない。
 また三角点から天測点方向への方位・距離は不明。

当別丸山の三角点と比べると、東経にして0.1秒(ほぼ±3m
子午線票は天測点の真北に設置されている。
GPSの精度は±5m程度とすると、まずまず真北に「子午線標有り」とする事柄は満足。

2017年4月2日日曜日

三角山 天狗岳 (大野)

2/4に三角山・天狗岳の峰を楽しんできました。 江差のNさんに誘っていただいての山行でした。 林道歩きも短い。Nさんに従い山スキーは車に置いて中二股の駐車場(集合場所)を出発しました。 三角山への作業道へ入った。8時を過ぎたけれど、朝日は未だで、おまけに、古い足跡がありヌカルことなく、ツボ足で十分でした。(みんな山を頑張っているな~などと感心・・・が、後で分かったことは三角山の西方の凸・596mでスノボを楽しむ人等の痕らしい。) 私は7時に大野川中二股ダム入り口に向かったのですが、途中新幹線の札幌延伸工事と思われるトンネル掘削現場を目にして、はじめて知ったのでチョット驚きました。 集合場所まで所要時間45分でした。 北峰、南峰、西斜面が三角山への作業道からのルートと考えられます。 このところの暖気で、雪のバームクーヘンが転がる急斜面直下で一考。二次林のシッカリ頂まで続いていそうだ。ピッケルを持って来たことだし、アルミワカンを着けてt西斜面を直登することにした。 三角山自体は無風で好天で、しっかり汗をかいて、楽しいものでした。 急斜面を歩きたくなったなら、国道から近縁だし、三角山だな~。あらためて発見しました。 Pから往復二時間ばかりの奮闘でした。 続いて天狗岳に上りました。前に東尾根は歩いています。今回はNさんお薦めの北尾根を歩きました。急なところは全くありませんでした。楽しく岩の上に立てます。ここも新たな発見がありました。 帰路は市渡の”月兎”で小一時間談笑して解散。満足の一日でした。

2017年3月26日日曜日

小鉾岳(野田追)

26/3:誘いがあって小鉾岳(野田追)に行っきました。 2001年頃ですからだいぶ前になりますが、小鉾岳登山のついでに懸垂下降(クライムダウン)を主に、登山路の痩せ尾根と急斜面を使って”ロープワーク”なるものを、帯広の某澤氏を師に練習しました。初めてのロープワークですから、僕の思い出深い山です。二次林のブナが美しかったこと、痩せ尾根に発達したツツジ型林床と共に懐かしい山です。

道道ゲートから型雪を踏んで、牧場を横断して登山口に至りました。


2016年11月26日土曜日

雪の結晶

雪結晶には色々種類があります.・三花・四花・六花などもあります。函館ではどうでしょうか? スマホ接写、デジカメ接写で撮れますので,雪結晶を観察してみようと思います。撮影時間・場所、環境・気象など記録することになります. ! 下図:中谷宇吉郎氏 Snow Crystal(1954)


荒木健太郎氏ツイッターhttps://t.co/3Sx2EvkaOv  (https://twitter.com/arakencloud/status/801552261268656128?s=03)

2016年11月21日月曜日

葉を落とさない樹種:11月下旬の東山公園

 11月も下旬に入りました。「スーパームーン」(今年最大の満月、月の近接点)や翌日の十六夜(控えめに・・・)とアルデバランのランデブー。これからしっかりした冬の星々が空にかかる年末が走りくる。ただ心慌ただしい季節。呼気をしっかりして気持ちをホットさせる時を持ちたい季節でもあります。  11月21日、今日の天体は下弦の月だが、夜になるに従い曇り空から雪空模様。
 
 葉を落とさない広葉樹を記録してみた。枯葉を枝につけたままのものから、如何してか緑葉を保つ樹種まで拾ってみた。・・・リュウキュウツツジ、ドウダンツツジ、ニシキギ、レンゲツツジ、その他:ユキヤナギ、トサシモツケ、ハウチワカエデ、ケヤキ、ヤマハンノキ、ライラック、クリ、ミズナラ、コナラ、ブナ、プラタナス、イボタ、イヌコリヤナギ、カラマツ、ヨウロッパシラカンバ、レンギョ、 @ 

2016年11月18日金曜日

ツノハシバミ探索成功

@:瘠せ尾根の乾燥した土壌せ自生しいた
@ カバノキ科ハシバミ属 Corylus sieboldiana 樹皮は灰褐色で皮目が目立つ 「柴栗」の名。食べられる。セイヨウハシバミはヘーゼルナッツ。

2016年4月21日木曜日

山本ふみこ

20160420H
...........
気づかないでいたのです
...........
春はとうにやてきていて
荷解きををすませています

見切る
もうすっかり見た
見限る

出会った相手、ともに働く仲間をとっとと見切って

見つけよう
新しい自分、暮らしの面白みを




2016年4月2日土曜日

設計山

・ 久しぶりに設計山(701.5m)へ出かけた。
同行のNumatさんは初めて登る山だ。
山名の由来等「よく知られた山」でもある。
詳細はこちら(http://sakag.web.fc2.com/mokke11.htm)。

林道を1000mほど歩いた大きなヘアピンカーブ先、cont390から尾根に取り付き~標高点582~同620~設計山~分水嶺~「戸切川中山林道」を周回することにした。 

標高点582から先の東側斜面には雪崩斜面が多く現れた。
積雪は残り少なく、時に笹を踏みながらの尾根を歩くこともあった。
雪の北尾根ルートは、残雪少なく今週が最後かとも思われた。

下りにとった西尾根(分水嶺)は、幅広い緩斜面が続く。
幅の広い尾根にはまだ十分な雪が残っていた。

分水嶺の緩斜面の下りは、風景をほしいままに歩いていたら
いつの間にか青線を林道へ下りてしまった。

青線の尾根を林道に沿って北に向かってどんどん下りることもできた。
残雪を楽しみながら今朝取り付いた尾根付近のヘアピンカーブの林道へ
下り立つのもより楽しかったかと思われた。

 

2016年3月12日土曜日

相手に届く伝え方



相手に届く伝え方

いとう・まこと 1958年生まれ。弁護士。日弁連憲法
問題対策本部副本部長。司法試験指導の伊藤塾塾長。
憲法の伝道師”として各地で講演。『やっぱり九条が
戦争を止めていた』『説得力ある伝え方』『深く伝
える技術』

        □□ ■■

人が社会生活を送る中
で、「伝える」ことは欠か
玄」とができません。その
相手は家族や会社の同僚な
ど人によってさまざまだと
思います。ですが、なかな
か自分の意図したことが伝
わらずとまどったり、全く
違った受け止め方をされて
相手との関係がぎくしゃく
したり、悩んだ経験をみな
さんお持ちだと思います。
  

        □□ ■■


  この「伝えることの意
味を辞書で調べてみると、
「ことばで知らせる。言い
知らせる」などとありま
す。しかし、単に相手に知ら
せるだけで伝わるのでした
ら、それこそパソコンなど
の機械を相手に情報を入力
するのとなんら変わりませ
ん。では、相手の心に届くよ
うな本来の意味での「伝え
る」とは、一体どのような
ものをいうのでしょうか。



 例えば学校の授業で、先
生がI方的にしゃべり続け
ているような講義に苦痛を
感じた経験を持つ方は多い
かと思います。他方で、人
気のある先生の講義をみる
と、生徒に授業を理解して
もらい、その上で生徒自ら
の意志で何らかの行動を引
き出そうとする工夫がちゃ
んとなされています。



他者の尊重が根本

 このように、本来の「伝
える」とは、相手の意思を
尊重し、相手の自主的な行
動を引き出すための働きか
けのことだといえます。


 そのため、自分ではどん
なに正しいと思っているこ
とでも、一方的に話すだけ
では相手にはうまく伝わり
ません。相手を自分とは異
なる存在として尊重してい
ないからです。


 日本国憲法では、第13条
で、これを「個人の尊重」と
定めており、私は憲法の講義
とは、「伝える」ということ
を考えるにあだっての根本
といってよいでしょう。


        □□ ■■


 私は、日々講義で法律学
を教え、講演では、安保法
制、一人一票問題など、人
によって立場が分かれるテ
ーマを題材に話してきまし
た。講義では、知識ゼロの
生徒に理解させ合格まで導
かなくてはなりません。講
演では、さまざまな考えを
持つ聴衆に対し、いかに自
分の考えを理解してもらえ
るかをこころかけてきまし
た。私にとって、「伝える」
というのは、人生の重要課
題といっても過言ではあり
ません。


       他者の尊重が根本



 この連載では、難解なも
のを説明したり、立場の異
なる人を相手にしたりする
場合、いかに伝えればよい
か、いままでの講義や講演
で得られた気付きをもとに
みなさんにお話していきた
いと思います。


  (第一回終わり)

2015年11月16日月曜日

アズキナシ 大豊作

暖かい初冬のバッコヤナギ。冬芽被う芽鱗が開いて、バッコヤナギの白い毛がチョット覗いていた。
豊作のアスキナシ
地域の同種の豊凶に同調しているようだ
この果実は、例年のことだけれど、野鳥には見向きもされない。

しかい、今の時期に果序ごと芝生に落下している。誰のしわざか?